コロニアル・パミール COLONIAL

屋根の種類と修理方法

現在の屋根には様々な素材が使用されています。
横浜屋根スタジオでは各屋根素材にに幅広く対応できる施工技術を培ってきました。
それぞれの屋根工事で、直せる症状・工程・期間・費用相場も異なるので、
屋根を直す前にどの工事があなたの家の屋根工事に適しているか、確認しておきましょう。

コロニアル

特徴

コロニアルはセメントや繊維を混ぜ合わせて作られた屋根材で、軽量で施工性が良いため、現在最も普及している屋根材です。
ケイミュー株式会社が販売した屋根材の商品のひとつで、分類としてはスレート瓦の一種に属します。
当初はセメントと石綿(アスベスト)が主原料のものが多く使用されていましたが、その後2004年に法律によりアスベストの使用、製造が禁止になったため、「カラーベスト」と呼ばれるカテゴリーを販売開始いたしました。
そのカラーベストで最も使用される一種がコロニアルになります。
現在ではスレート屋根とほぼ同義語として認知されています。

コロニアルはグレードが分けられ、商品によって耐候性やデザインが異なりますが、コロニアルの特徴としては、他の屋根材より「安価」、「軽量」、「施工が簡単」、「カラーバリエーションが豊富」などが挙げられます。

修理方法

葺き替え

下地が腐食が激しくカバー工法が不可能な場合、または屋根修理に予算が掛けられる場合は葺き替えを選択できます。
しかし、2000年代初頭までに製造されたコロニアルにはアスベストが含まれています。葺き替え作業ではアスベストに注意しなければなりません。近隣への影響に配慮する必要もあるので、そのような屋根材の場合は撤去と処分に費用と手間がかかります。
また、コロニアルは新築専用の屋根材であり、コロニアルへ葺き替えを行う場合はメーカー保証を得ることができません。葺き替えの際は、軽量金属屋根(ガルバリウム鋼板)をおすすめします。

カバー工法

カバー工法は今ある既存の屋根材を残し、その上から新しい屋根材を覆いかぶせるリフォーム方法です。
カバー工法は葺き替えと比べて、施工期間と工事費を抑えることができるため、コロニアルの修理では最も多く採用されています。
カバー工法の仕上げに使う屋根材は、耐久性と軽さを兼ね備えた金属屋根である「成型ガルバリウム鋼板屋根」が最もよく用いられます。コロニアルの上に金属屋根を葺くことで、アスベストを含むコロニアルを丸々封じ込めることができます。その他「瓦棒」「立平」「アスファルトシングル」などの安い屋根材も選択肢としてあげられますが、屋根リフォームを1回で済ませたい場合は成型ガルバリウム鋼板のカバー工法をおすすめします。

また、既存コロニアルの劣化がひどい場合は、カバー工法自体が行うことができません。施工後30年程度が経過し、かつ雨漏りが見られる屋根はカバー工法ができないことが多いです。その際は葺き替え工事をおすすめします。コロニアル屋根は状態が良好なうちにカバー工法をおこなう必要があります。

なお、コロニアルの上に新しいコロニアルを重ね葺きすることはできません。

塗装

コロニアルは、主成分がセメントのため、塗装をすることによって防水性を持たせています。施工後10年程経過すると、紫外線や水の影響により塗料の膜が薄くなり、色あせが見受けられるようになります。塗料の膜が薄くなると撥水性がなくなるため、瓦の裏に水が浸入しやすくなります。そのためメーカー側は、10年に1度の塗装を推奨しております。

コロニアルを塗装する場合は、塗料選びにご注意ください。屋根は最も紫外線や雨風さらされる箇所であるため、外壁よりも色あせや劣化のスピードが早いです。外壁と屋根を同時期に塗装し、その後屋根だけが極端に色あせしたり、劣化したりするアンバランスな結果を経験されたお客様も多いと思われます。ぜひ、屋根の塗料は外壁よりもグレードの高い商品を使用することをおすすめします。

パミール

特徴

パミールは窯業系サイディングのニチハがかつて販売していたスレートタイプの屋根材です。不具合報告の多い屋根材としてテレビでも報道されたこともあり、2009年に販売が中止されています。屋根修理のご相談が多い屋根材のひとつです。

パミールは吸水性が高く、この特徴が劣化を引き起こす原因になります。屋根を形成している層がミルフィーユのように層間剥離を起こし、何層にもめくれあがる症状がよく発生します。
吸水した水分により釘頭が腐食して無くなり、パミールが落下し、近隣への物損事故や人身事故も引き起こす例もあります。この問題は公的な広報でも案内されており、釘はリコールされています。

※気をつけるべきこと

最悪なパターンはパミールの上に太陽光パネルを乗せることです。
パミールをリフォームする時、太陽光パネルの脱着が必要になります。
しかし、カバー工法で仕上げた場合は太陽光パネルを再設置することができません。
そのため、10年も経たずに太陽光パネルを脱着し、屋根を葺き替えるような事態になります。太陽光パネルを設置することで得られる利益がすべて吹き飛びます。
塗装会社も太陽光パネル会社も目的は塗装と太陽光パネルの設置なので、屋根のメンテナンスについては触れることはないでしょう。

修理方法

葺き替え

あまりにもパミールの劣化が進行している場合は、パミールを剥がして葺き替えることを検討してください。
特に雨漏りが発生している場合は屋根下地にまで悪影響を及ぼしている恐れがあります。

カバー工法

既存のパミールの上に新しい屋根材を重ねて張るリフォーム方法です。
ニチハではパミールの上にアスファルトシングル(ニチハの商品では「アルマ」)を重ねて張る工法を推奨しています。
条件次第では、アルマを低価格でニチハから提供してもらえるかもしれません。
しかし、テイガク屋根修理では金属屋根によるカバー工法をおすすめしています。
耐久性においてアスファルトシングルはガルバリウム鋼板より劣るからです。

塗装

パミールには塗装ができないわけではありませんが、塗装しても直ぐに劣化を起こすので無意味です。
リフォームが必要なほど傷んだパミールの場合、屋根材が層状に剥離しているため塗装しても直ぐに剥がれてしまいます。
また、通常塗装を行う際は、施工前にコケやカビ、汚れなどを除去するため高圧洗浄をかけますが、パミールの場合は脆くなった症状をさらに悪化させてしまいます。

お問い合わせはこちら

屋根修理をお考えの方は横浜外壁スタジオにお任せください!
ご相談・お見積り・現場調査無料!お気軽にお問い合わせください。

0120-609-605

【受付時間】