コロニアル・パミール COLONIAL

屋根の種類と修理方法

「屋根」と一口に言っても、その素材にはさまざまな種類があります。
素材によって、症状、工程、工期、費用相場などが異なるため、
まずはお客様の家の屋根素材を確認しましょう。
横浜屋根スタジオでは、幅広い屋根素材に対応しておりますのでお気軽にご相談ください。

コロニアル

特徴

かつての日本では、セメントとアスベスト(石綿)を原材料とする屋根素材が主流でしたが、2006年に施行された改正労働安全衛生法により、アスベストの使用・製造が全面禁止となりました。それに伴い、販売開始されたのがスレートと呼ばれる屋根素材です。

「コロニアル」は、ケイミュー株式会社より販売されているスレート(製品名:カラーベスト)の一種で、セメントとパルプ繊維からなり、“スレートといえばコロニアル”と言われるほど人気のある屋根素材です。「コロニアル」の中にも多様な種類がありますが、軽量、安価、豊富なカラー、施工性の高さという点は共通しています。

修理方法

葺き替え

葺き替えは、現在の屋根素材をすべて撤去し、下地を含めすべて取り替える作業を指します。これにより雨漏りなどの解消だけでなく、耐震性を向上させることも可能です。大規模な工事となるため、カバー工法では対応できないほどに下地が傷んでいる場合や、屋根の修繕予算に余裕のある場合にご選択いただいております。
また、2006年以前に製造された「コロニアル」には、アスベストが含有されている可能性があり、当該屋根素材の葺き替えには細心の注意を払わなくてはなりません。横浜屋根スタジオでは、近隣にお住まいの皆様にご迷惑をかけることがないようしっかりと対策いたします。
なお、「コロニアル」のメーカー保証対象は新築物件に限定されております。葺き替えの際は、軽量金属屋根(ガルバリウム鋼板)がおすすめです。

カバー工法

カバー工法は、「コロニアル」の修繕方法として最もスタンダードな手法です。すべてを一度撤去する葺き替え工事と異なり、既存の屋根素材の上に新しい屋根素材を重ねていきます。そのため、工期の短縮と低コストを実現可能です。なお、「コロニアル」の上に「コロニアル」を重ねることはできません。他の屋根素材を選択しましょう。

カバー工法に適した屋根素材には、安価な「瓦棒」「立平」「アスファルトシングル」などもありますが、横浜屋根スタジオでは、「軽量金属屋根(ガルバリウム鋼板)」をおすすめしております。 「軽量金属屋根(ガルバリウム鋼板)」は、耐久性に優れているだけでなく、非常に軽量でカバー工法に向いている屋根素材です。仮に、既存の「コロニアル」にアスベストが含まれていたとしても、覆って封じ込めることができますのでご安心ください。

また、雨漏りが起こっているなど既存の屋根素材の劣化が激しい場合には、カバー工法では修繕できません。カバー工法は、比較的状態がよいうちに行う必要があります。

塗装

「コロニアル」は耐久性、防水性に優れている屋根素材ですが、メーカーは10年に1度の点検とメンテナンスを推奨しております。10年ごとに正しい方法で屋根のお手入れをすることで、長きにわたって美しい外観と安定した性能を保持することが可能です。 経年によって色が薄くなったり汚れたりすることがありますが、「コロニアル」の防水性に影響はございません。美観上どうしても気になる場合には、リペイントを行いますのでお気軽にご相談ください。

また、塗装をする際には塗料選びにも注意しなくてはなりません。屋根は家の中でも、紫外線や雨風などの自然の影響を受けやすく、外壁よりもダメージを受けやすい傾向があります。外壁と屋根の劣化スピードのバランスをとるためにも、屋根の塗料にはグレードの高いものを使った方がいいでしょう。

※「コロニアル」「カラーベスト」はケイミュー株式会社の登録商標です。
※「ガルバリウム鋼板」は日本製鉄株式会社の登録商標です。

パミール

特徴

「パミール」は、修理を希望されるお客様が多い屋根素材のひとつです。

かつてニチハ株式会社が販売していたスレートの屋根素材(現在は販売終了)で、吸水性が高いことから、劣化しやすく、経年とともにミルフィーユのように剥離してしまう事象(層間剥離)が確認されています。水分により釘が傷み、「パミール」が落下した事例もあります。物損事故や人身事故を引き起こす可能性も否めないことから、対象の釘はリコールとなりました。

また、「パミール」に太陽光パネルを設置することだけは避けてください。 リフォーム工事の際にすべて取り外さなくてはならず、カバー工法の場合は再設置ができません。太陽光パネルによって得られるはずの利益を失うことになってしまいます。

※気をつけるべきこと

最悪なパターンはパミールの上に太陽光パネルを乗せることです。
パミールをリフォームする時、太陽光パネルの脱着が必要になります。
しかし、カバー工法で仕上げた場合は太陽光パネルを再設置することができません。
そのため、10年も経たずに太陽光パネルを脱着し、屋根を葺き替えるような事態になります。太陽光パネルを設置することで得られる利益がすべて吹き飛びます。
塗装会社も太陽光パネル会社も目的は塗装と太陽光パネルの設置なので、屋根のメンテナンスについては触れることはないでしょう。

修理方法

葺き替え

まず「パミール」の現状を確認します。雨漏りなどの症状があったら、瓦だけでなく下地も傷んでしまっている可能性があります。このように劣化が進行している場合、「パミール」をすべて撤去して新しい屋根素材に取り替える葺き替え工事をおすすめしております。

カバー工法

劣化が進んでいない場合には、「パミール」の上から新しい屋根素材を重ねていくカバー工法をご選択いただけます。その際に選択可能な屋根素材として、アスファルトシングルがありますが、横浜屋根スタジオでは、より耐久性に優れた軽量金属屋根(ガルバリウム鋼板)を推奨しております。

塗装

ご自宅の屋根素材が「パミール」だった場合、塗装によるメンテナンスはあまりおすすめできません。状態がよく、仮に塗装できたとしても、「パミール」自体の性能が変わるわけではないため、ゆくゆくは層間剥離する可能性が高いからです。本来塗装によって得られる防水機能などは期待できないでしょう。
また、塗装を施す前に行う高圧洗浄は、「パミール」の状態悪化を引き起こしかねません。

※「パミール」はニチハ株式会社の登録商標です。
※「ガルバリウム鋼板」は日本製鉄株式会社の登録商標です。

お問い合わせはこちら

屋根修理をお考えの方は横浜外壁スタジオにお任せください!
ご相談・お見積り・現場調査無料!お気軽にお問い合わせください。

0120-609-605

【受付時間】