陶器瓦・セキスイ瓦U・セメント瓦・波型 KAWARA

屋根の種類と修理方法

「屋根」と一口に言っても、その素材にはさまざまな種類があります。
素材によって、症状、工程、工期、費用相場などが異なるため、
まずはお客様の家の屋根素材を確認しましょう。
横浜屋根スタジオでは、幅広い屋根素材に対応しておりますのでお気軽にご相談ください。

陶器瓦

特徴

「陶器瓦」は日本の住宅における代表的な屋根素材のひとつです。その耐久性は高く、50年以上もつ場合もございます。しかし、地震災害などの際に、“瓦屋根の建物が倒壊した”という報道がなされたため、近年では施工数が減少してきました。

実は、家を建てるときに最初に考えなくてはならないのが、どんな屋根素材を使用すべきかということ。耐震性は、屋根の重さが大きく影響しているからです。
「陶器瓦」は、他の屋根素材と比較すると重いものがほとんどです。耐震性の向上を目的にリフォームを希望されるのなら、軽量金属への葺き替えもご検討ください。

修理方法

葺き替え

「陶器瓦」の場合、カバー工法では対応ができないため、リフォームは原則葺き替えとなります。

葺き替えとは、既存の瓦と下地をすべて撤去・処分し、新しいものに取り替える作業です。「瓦を交換するだけではダメなの?」とお考えの方も少なくないと思いますが、下地(野地板)は、屋根を支える重要な役割を持つ部分であり、ここにたわみやゆがみがあると天井にも影響を与えかねません。葺き替えの際には、一緒に交換いたします。

また、葺き直しという方法もあります。
葺き直しは葺き替えとは異なり、既存の「陶器瓦」を再利用するリフォームです。釘や漆喰、下地などは新しいものを使用しますが、異常のない瓦はそのまま利用します。ヒビなどが入っている場合は、差し替えや補修を行いますのでご安心ください。

セキスイ瓦U

特徴

「セキスイかわらU」は、長きにわたって販売されていたスレートの屋根素材です。
「コロニアル」などに重ねることができる汎用性の高さから大変人気が出ました。

しかし、その後多くの不具合が報告され、販売中止となりました。その主な原因は、アスベストにあります。
アスベストの全面禁止を受け、従来の「セキスイかわらU」を改良し生まれたのがノンアスベストの「セキスイかわらU」です。
この「セキスイかわらU」は、粘着性の高いアスベストを含まないがゆえに、もろく、ヒビ割れや塗膜の剥離などを発症しやすいという欠点があったのです。

修理方法

葺き替え

アスベスト入りの「セキスイかわらU」は、設置されてから30年以上が経過しているケースが多く、塗装によるメンテナンスは効果的ではありません。横浜屋根スタジオでは葺き替えによるリフォームをご提案しております。

気を付けなくてはならないのが、アスベストを含まない「セキスイかわらU」のリフォームです。塗装はあくまでも表面の塗膜を補うもの。瓦の強度を高めることはできません。表面上はキレイになったとしても剥離するリスクがあるため、意味はないでしょう。また、塗装前の高圧洗浄で傷みが増してしまう可能性もあります。

※「コロニアル」はケイミュー株式会社の登録商標です。

セメント瓦

特徴

「セメント瓦」とは、その名の通りセメントもしくはコンクリートなどを原料とする屋根素材です。その中には、洋風の住宅にフィットするデザイン性の高さから人気を博した「モニエル瓦」も含まれます。

「陶器瓦」のような重厚感が欲しい、でも費用も抑えたい。そんなニーズに最適だったのがこの「セメント瓦」でした。しかし、耐用年数や色もちなどは「陶器瓦」に及ばず、定期的な塗装やメンテナンスが欠かせないという一面があります。製造時期によってはアスベストが含まれている場合があるためご注意ください。

また、屋根素材そのものが重く、軽い屋根素材を推奨する昨今の耐震設計基準においては採用される機会も減少しております。

修理方法

葺き替え・塗装

「セメント瓦」のリフォームでは、塗装か葺き替えをお選びいただけます。色褪せなどが気になるのであれば塗装を、雨漏りなどが発生している場合は葺き替えをご検討ください。
葺き替えの際は、お好きな屋根素材をご選択いただけますが、横浜屋根スタジオでは耐震性を考慮して軽い屋根素材をおすすめしております。

波型

特徴

「波型スレート」は、その耐用年数の高さから倉庫や工場、駅といった大型施設に使用されることが多い屋根素材です。
アスベストが使用されているイメージが強いかもしれませんが、近年製造されているものには含まれておりませんのでご安心ください。

修理方法

葺き替え・カバー工法

「波型スレート」は、丈夫さが魅力の屋根素材です。
そのため、改修を希望される物件のほとんどは施工から長い時間を経たものとなり、アスベストを含有している可能性が高いです。アスベスト対策をしながら改修するとなると、既存と同じタイプの「波型スレート」や軽量金属によるカバー工法がよいでしょう。工期が短いというメリットもあります。また、中規模の屋根には「立平」を採用することも少なくありません。

ただし、「波型スレート」の種類や劣化の進行度合によってはカバー工法が適用できないケースもあります。その際は葺き替えをご検討ください。

お問い合わせはこちら

屋根修理をお考えの方は横浜外壁スタジオにお任せください!
ご相談・お見積り・現場調査無料!お気軽にお問い合わせください。

0120-609-605

【受付時間】