立平・ルーガ RIPPEI

屋根の種類と修理方法

現在の屋根には様々な素材が使用されています。
横浜屋根スタジオでは各屋根素材にに幅広く対応できる施工技術を培ってきました。
それぞれの屋根工事で、直せる症状・工程・期間・費用相場も異なるので、
屋根を直す前にどの工事があなたの家の屋根工事に適しているか、確認しておきましょう。

立平

特徴

立平葺き(たてひらぶき)は瓦棒葺きの「棒」にあたる芯木を無くした金属屋根です。
そのため、木を使わない「オールメタル」で仕上げられる屋根材です。
立平葺きは「三晃葺き(さんこうぶき)」ともよばれます。
素材はガルバリウム鋼板が主に使われます。
あらかじめ工場で加工されたものを現場に運んで張りつけます。
そのため、立平葺きは施工期間が短くて済みます。
施工期間が短いということは施工価格も抑えられるということになります。
金額重視のお客様にはおすすめの屋根材です。
最近では瓦棒葺きではなく、立平葺きの方が施工機会が増えています。

修理方法

葺き替え

立平葺きは事前に加工された板金を張る作業だけで済むため、他の屋根と比べて驚くほど短時間で工事が終わります。
職人さんの手間は限られている上(※板金技術や経験は必須)、廃材もほとんど発生しません。
しかし、その一方で複雑な形状をした屋根(複合屋根)には適していません。
また、瓦棒葺きは垂木とコイル状の板金さえあれば狭い場所でも工事ができますが、立平葺きは屋根を持ち出すための交通や保管敷地に条件があります。
したがって、立平葺きはシンプルな切妻屋根や面積のある工場や倉庫などの大型屋根の施工に適しています。

カバー工法

既存の屋根がコロニアル屋根の場合、立平葺きによるカバー工法ができます。

ルーガ

特徴

ルーガはケイミューが取り扱う「厚型スレート屋根材」です。

耐久性や耐候性に優れている上、陶器瓦の半分の重さと軽量です。
見た目も陶器瓦と変わらず、一般の人では見分けることができません。
和瓦のような風合いが特徴の「雅」、洋風屋根にも合わせやすいデザインの「鉄平」の2種類があります。
発売から10年が経ち、評価が確立されつつあります。

デザインを重視ししつつ、耐久性の高い屋根材を選びたい方にはぴったりの屋根材です。
また、コロニアル上から重ねて張るカバー工法による施工も可能です。

ただし、他の屋根材に比べて高額な商品です。
予算に余裕のあるお客様におすすめしたい屋根材です。

修理方法

葺き替え

ルーガの施工方法はコロニアルと大きく変わりません。
下記画像は、既存屋根を撤去し、コロニアルで葺き替えた屋根の断面です。
使用している部材を見やすくするため、各部材をずらして表記しています。

ここで注目して欲しいのは、水切り板金の多さです。
雨が漏れやすい部位には水切り板金をつかいます。
特にリフォーム工事の場合は、既存の屋根や板金の活用等を考慮する必要があります。
そのため、工事は複雑になり、高い板金加工技術が求められます。

一般に金属屋根は板金工事業者、陶器瓦屋根は瓦屋根工事業者が携わります。
ルーガは板金工事業者だけではなく、瓦屋根工事業者もルーガを取り扱っています。

カバー工法

屋根カバー工法がスタンダードになった現在、ケイミュー株式会社も自社のコロニアルの上に重ね葺きできる屋根材を開発しました。それがルーガになります。
※屋根の重量が増加しますので、お住まいによってはお勧めしないこともございます。
普段の生活を送りつつ、屋根カバー工事ができます。

お問い合わせはこちら

屋根修理をお考えの方は横浜外壁スタジオにお任せください!
ご相談・お見積り・現場調査無料!お気軽にお問い合わせください。

0120-609-605

【受付時間】