トタン瓦棒・アスファルトシングル・折版屋根 TINROOF

屋根の種類と修理方法

「屋根」と一口に言っても、その素材にはさまざまな種類があります。
素材によって、症状、工程、工期、費用相場などが異なるため、
まずはお客様の家の屋根素材を確認しましょう。
横浜屋根スタジオでは、幅広い屋根素材に対応しておりますのでお気軽にご相談ください。

トタン瓦棒

特徴

「瓦棒」は、一般的にはトタン屋根と呼ばれています。素材表面を亜鉛で覆ったもので(めっき加工)、ただの鉄板よりもサビにくい特性を持ちます。安価かつ軽量で、日本では長い間工場や倉庫などを中心に重用されてきた金属屋根です。芯木で固定する工法が主流ですが、近年では芯木を使用しない「立平」も多く採用されるようになりました。

「瓦棒」のデメリットは、断熱性が悪いこと、雨の音が響きやすいこと、また、10年ほどでサビが発生するので定期的なメンテナンスが欠かせないことです。そのままにしておくと雨漏りなどの原因となります。こうした欠点をカバーするため、より耐久性に優れた軽量金属屋根(ガルバリウム鋼板)を「瓦棒」の代わりに使用するケースも少なくありません。

修理方法

葺き替え

「瓦棒」のリフォームは、基本的に葺き替えで対応いたします。

「瓦棒」は、他の屋根素材よりもゆるい勾配に対応できるという特徴がありますが、他の屋根素材ではその勾配に対応できないことも多く、原則同じ「瓦棒」か「立平」による葺き替えとなります。
また、「瓦棒」の施工には資材を留め置くスペースが必要ありません。他の屋根素材の場合は工場で加工してから現場に運搬しますが、「瓦棒」は現場で職人が屋根の形状に合わせて加工いたします。

カバー工法

「カバー工法でお願いできませんか?」とまれにご質問をいただきますが、横浜屋根スタジオではカバー工法による「瓦棒」のリフォームを推奨しておりません。理論上施工は可能ですが、既存屋根の耐久性能が損なわれている状態で、新しい屋根素材を重ねても下地として機能を十分に発揮することができない可能性があるからです。現に、カバー工法でリフォームを行い、吹き飛ばされたり、屋根がめくれ上がってしまったりする事例も報告されています。これらを鑑み、横浜屋根スタジオでは葺き替えによるリフォームをご提案しております。

塗装

「瓦棒」に限らず、金属屋根で最も注意しなくてはならないのが“サビ”です。
サビは放っておくと、どんどん広がり、金属をボロボロにしていきます。金属屋根を長く使っていくためには、定期的なお手入れが欠かせません。具体的には、サビを除去する作業(ケレン)を行い、サビ止めを塗布します。さらにその上に、サビ止めを守るための塗料を重ねていきます。
その際に、シリコン系塗料を選択された場合でも、10年に1度はメンテナンスが必要です。
このように、金属屋根の塗装にはサビの除去作業が含まれるため、他の屋根素材での施工よりも費用がかさむケースもあります。サビの状況によっては葺き替え工事をおすすめいたします。

※「ガルバリウム鋼板」は日本製鉄株式会社の登録商標です。

アスファルトシングル

特徴

昨今DIYの素材としても注目される「アスファルトシングル」は、安価でありながら機能性の高い屋根素材です。主成分はその名の通りアスファルトで、軽量かつ柔らかいという特徴があります。これにより万が一落下事故などが起きても、被害が少ないことで知られています。
また、シート状になっているため、曲面などの形状にもフィットさせることが可能です。
アメリカでは高いシェア率を誇るメジャーな屋根素材ですが、釘と接着剤で施工するというスタイルから、強風に弱く、台風の多い日本ではあまり普及していません。加えて断熱効果が低いというデメリットもあります。「アスファルトシングル」の中には、耐久性・耐候性を高めた商品も発売されていますのでご興味がございましたらぜひお問い合わせください。

修理方法

葺き替え

「アスファルトシングル」のリフォームでは、工期・費用ともに抑えられるカバー工法が一般的です。しかし、劣化の進行状況が激しい場合や、過去にカバー工法で施工をしている場合には、葺き替えをご提案いたします。

カバー工法

「アスファルトシングル」は、カバー工法でも活用されています。

「アスファルトシングル」の上に重ねることはもちろん、劣化によって剥がれてしまった箇所や傷んでしまった部分の修復にも対応でき、さらに既存の屋根素材が「コロニアル」でもご利用いただけます。

また、「アスファルトシングル」の上に軽量金属を被せることも可能です。横浜屋根スタジオでは、耐久性の高い「ガルバリウム鋼板」によるカバー工法をおすすめしております。

※「コロニアル」はケイミュー株式会社の登録商標です。
※「ガルバリウム鋼板」は日本製鉄株式会社の登録商標です。

折版屋根

特徴

「折版屋根」の折版とは、折り曲げて耐力を高めた薄い鋼板を意味します。「折版屋根」は「ガルバリウム鋼板」からなる屋根素材で、断面構造に着目して開発されたことによる強度と、大型屋根にも調和する意匠性には一目置かれております。
非常に軽量で、揺れに強く、躯体断面も小さいのが特徴です。風の強い地域や雨仕舞にも高いパフォーマンスを期待できます。そのため、大規模な建築物だけでなく一般のご家庭でも広く普及している屋根素材です。

修理方法

葺き替え

「折版屋根」のリフォームは、塗装やカバー工法が主流です。これらで対応できない場合のみ、葺き替えを行います。施工中は対象物件を使用できないのでご注意ください。

また、既存の屋根素材を撤去・処分する費用が発生します。周囲の状況によっては撤去が難しい場合もありますのでまずはご相談ください。

カバー工法

カバー工法では、既存の屋根素材の上に、新しい屋根素材を重ねていきます。このとき使用するのは軽量金属屋根(ガルバリウム鋼板)であることがほとんどです。金属の厚さや塗料にはさまざまな種類がありますので、用途に合わせてお選びいただけます。
また、金属屋根特有の熱の伝えやすさを軽減する断熱材を敷いたり、防水機能を補うシート防水を張ったりすることも可能です。

塗装

「折版屋根」は、いわゆる金属屋根に該当します。 そのため、“サビ”には注意を払わなくてはなりません。万が一放置してしまうと、サビは急速に広がり、金属をボロボロにします。ひどい場合は穴があいてしまうことも…。鋼板を亜鉛で覆った(めっき加工)屋根素材の場合は、とくに気を付けましょう。

「折版屋根」をはじめ、金属屋根を長く使っていくためには、定期的なメンテナンスがおすすめです。横浜屋根スタジオでは10年に1度のサビの除去(ケレン)と再塗装を推奨しています。

※「ガルバリウム鋼板」は日本製鉄株式会社の登録商標です。

お問い合わせはこちら

屋根修理をお考えの方は横浜外壁スタジオにお任せください!
ご相談・お見積り・現場調査無料!お気軽にお問い合わせください。

0120-609-605

【受付時間】